【wordpress 】Local by Flywheelを使ってローカル環境に構築する

【wordpress 】Local by Flywheelを使ってローカル環境に構築する

WordPressを使ってみたい。

でもサーバー契約とかまだだし、そもそもレイアウトも決まってない・・・

WordPressの作りを勉強したい。

 

そんな時に役立つ、ローカル環境にWordpressをインストールする方法です!

ローカルならレイアウトなど色々いじっても安心です。

ここではLocal by Flywheel(無料版)を使用しました。

Xamppも有名ですが、個人的にはWordpressを扱うなら、Local by Flywheelの方が使いやすいし簡単だなーと思ったので、こちらで進めたいと思います。

ではいってみましょう!!

1.Local by Flywheelをインストールする

まずはLocal by Flywheelをインストールします。

サイトにアクセスします。https://localwp.com/

このDOWNLOAD FOR FREE (無料ダウンロード)をクリックしてDLします。

 

私はWindowsのため、Windowsを選択します。

 

名前、e-mailを入力して、ボタンをクリック。

 

DLが始まります。

DLしたexeをダブルクリックします。

 

この画面が出たので、現在のユーザーでインストール。

完了画面が出ました。

 

エラーレポートを開発者に報告するかの選択です。

どちらでもいいっぽいです。(※私は「いいえ」を選択)

インストールが完了しました!


2.Wordpressにログインして、日本語設定にする

create a new site をクリックすると、新規サイトができます。サイト名を入力します。(ローマ字)

 

おすすめ設定のPreferredを選択します。

 

WordPressに使用する、ログイン名、パスワード、メールを設定します。

 

作成されました!

START SITE をクリックして、VIEW SITEをクリックすると

WordPressのトップページに移動になります。

※実は私はここであるエラーが出ました。その話はまた後日記録したいと思います。(別のPCにインストールしたときは出なかったので、通常はこんな感じで進むと思います。)

トップページ↓

 

ADIMINを押すと、Wordpressのログイン画面になります。

先ほど入力した、名前、パスワードを入力すると、管理画面にログインできます。

日本語設定に変更します。

Settingをクリックして、Site Language を日本語にします。(ついでにタイムゾーンもTyokyoに)

下のボタンを押して変更完了です!

これでローカル環境で、Wordpressを自由に使用できます!!

作ったサイトを本番環境にも移行できるので、とても便利です。

今度、移行のプラグインや管理画面についてもメモって行きたいと思います。

※Wordpressのフォルダ構成はこちら