スプレー効果を使って海の泡を描く【Inkcsape】

スプレー効果を使って海の泡を描く【Inkcsape】

こんにちは!

Inkscapeを使って2作目お絵描きをしました!!

カメがゆがんでます!!!(苦笑)

泡をスプレー効果で書く

題名:海とカメ

ちょっと水の「泡」の感じを練習してみたくて、書いてみました。

水の泡に見えるかな??

今回はスプレー効果の記録です。

学習した本はこちら、Inkcsape独習ナビ。(中古で購入・・・)

 

 

 

 

スプレー効果について

下の画像の「スプレーツール」で、オブジェクトをスプレーにすることができます。

今回はこの小さい泡をスプレーにしました。

スプレー効果

先に、↑(左のバーの一番上)などで、スプレーしたいオブジェクトを選択しておきます。

その状態で、スプレーツール(水色の丸)をクリック。

そしてスプレーしたいところにクリックやマウスで簡単にスプレーできます!!(便利!!!)

★モード

モード説明

 

オブジェクトのコピーをスプレー

⇒コピーなので、コピー元を変更しても先にスプレーしたものは変わらない。

コピーのスプレー

 

オブジェクトのクローンをスプレー

⇒元のオブジェクトを動かすとすべて変わる。(クローン)

クローンのスプレー

コピーしたオブジェクトをつなげて単体のオブジェクトにする

⇒いまいち効果が分かりにくいですが、くっつけるってことですかね(選択すると複数が選択されている)

オブジェクトをつなげる

 

★幅

スプレーする幅(オレンジの丸)の変更。

20の場合↓(小さい領域)

幅

50の場合↓(大きい領域)

領域500

★量

スプレーするオブジェクトの量が変わります。

100に近いほど多くなります。

★回転

数字が大きいほど回転します。

回転

 

★大きさ

大きさの数値を設定します。設定した大きさの数値でランダムで表示されます。↓(スライムみたいで楽しい・・・・)

大きさ

★散らばり

値が小さいと、マウスに沿ってスプレーできます。値が大きいと、散らばります。

こんな感じでスプレー効果を楽しみました!!

やればやるほど楽しいですね・・・・!!!

お絵描きばかりではなく、そろそろプログラムの方もやらなきゃな・・・・

 

今回参考にした本はこちら↓