inkscapeでビットマップのトレースをしてみる

inkscapeでビットマップのトレースをしてみる

こんにちは!

dynaです!

今回は、インクスケープで写真や下書きした画像を取り込み、パスに変換する

 「ビットマップのトレース」について調べていきたいと思います。 

 


ビットマップのトレースって??
インポートした写真や画像を、パスに変換してくれる機能。

 

画像をインポートする

画像をインポートします。

ファイル ⇒ インポート ⇒ でインポートしたい画像ファイルを選択します。

インクスケープ、画像のインポート

 

ファイルを選択すると、下記の項目が出てきます。

下記の項目で読み込みます。

インポート設定

  

水の画像が読み込めました!

水の画像読み込み

  

ビットマップのトレース

次に、画像をパスに変換したいので、

「ビットマップのトレース」を実行します。

上部メニューのパス ⇒ ビットマップのトレースを選択します。

 

ビットマップのトレース

 


下図のようなダイアログが開きます。


ここの内容ですが、

 

SIngle scan単一スキャン、白黒の2階調で表現する
Multiple scan多重スキャンのため、濃淡の表現ができる
Brightness Cutoff(フィルター) ピクセルの赤、青、および緑 (またはグレーのシェード) の合計を黒あるいは白とみなす指標として使用している
Edge Detection(フィルター)類似するコントラストの平衡線を素早く検出する手段
color quantization(フィルター)明るさやコントラストの平衡線の代わりに、明るさやコントラストが同じであっても色が変わる境界を検出する
参考:https://inkscape.org/ja/doc/tutorials/tracing/tutorial-tracing.html

 

ということらしいです。


試しにプレビューで見て見ます。

プレビュー結果はダイアログボックスの右側、スキャン結果はその下の画像になります。


single + Brightness Cutoff

シングル色黒
single +  Brightness Cutoff 結果

かっこいい~! 白黒で表現されてる!!


single + Edge Detection

シングル+エッジ
 single + Edge Detection 結果

 

線画にしたみたい!!

  


single + color quantization

single + color quantization
single + color quantization 結果


single + Autotrace

single + Autotrace
single + Autotrace 結果

single + Centerline tracing

single + Centerline tracing
single + Centerline tracing 結果

 

画像からこんなに描きだせるなんて、すごい・・・・!!!

 

Multiple + Brightness Cutoff

今度は多重スキャンです。

 

Multiple + Brightness Cutoff
Multiple + Brightness Cutoff 結果

Multiple + 色

Multiple + 色
Multiple + 色 結果

 

リアルな感じ!!

 


Multiple + Grays

Multiple + Grays
Multiple + Grays 結果

Multiple + Autotrace

Multiple + Autotrace

これは時間がかかりすぎて、結果が取れませんでした・・・( ;∀;)

 


Single scan と Multiple scan

使ってて気になったのが、 単一スキャンと多重スキャン。 

 

多重スキャンは名前の通り、スキャンを重ねること

スキャン結果のグループ化を解くとこんな感じになってました。

 

多重スキャンのグループ解除

ちなみに単一は、スキャン1回でした

 

まとめ

ビットマップのトレースを使いこなせると、写真やイラスト、ロゴなど使い勝手がすごくよくなるなーと思いました!!

インクスケープって楽しい・・・!!!

 

ここまで読んで下さりありがとうございます。


<あわせて読みたい>


\inkscape参考本/